あなたもステキよ

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あなたもステキよ〔最終章〕
 あと2.3回続けようと思っていたのですが、
突然、病魔に冒され続けることができないかもしれない
事態になってしまいました。
しかし、みなさんにたいへんご好評をいただき、自分も書くのを
楽しみにしていたシリーズですので、途中で終わるのは忍びない。
最後の落とし前だけは付けておかなければと、入院を前に最終章
をお届けいたします。


携帯が鳴った。時計は夜中の1時を刻んでいる。

ママからの電話であった。

私はとなりの家内に眼をやる。一度寝返りを打ったが起きている

気配はなさそうだ。

携帯をふとんの中に入れ、頭からふとんをかぶって声を沈めて聴いた。

「社長、ナオミが明日中国に帰ります。」と言う。

上海の支援者の病院で、治療をしている母親の病気が思わしくなく

もう長くはないらしい。帰る前に社長に会いたいので、明日の朝

アパートまで来てほしいとのナオミからの伝言であった。

数週間前兄が暴漢に襲われ、大ケガをしたばかりだというのに、

さらに母親の病気の悪化、悪いことが重なりナオミの気持ちは

いかばかりかと察する。

セントレア発13時20分MU530便、上海浦東国際空港行きに

乗るので朝9時出発すると言う。

私は、8時に家を出た。

アパートの前にはママのクラウンマジェスタが、旧型ながら

車の帝王の風格で止まっている。

その後ろへ私の愛車三菱ミニキャブの軽トラを近づけた。

この車でデートしたのかと思うと笑いが漏れ、懐かしさを感じる。

私はアパートにあがった。大きなトランクをふたつ運び出すところ

だった。

「タオカサン」その声は夜のナオミの声ではなかった。

もちろん化粧も夜のナオミではない。

二十歳の美しい女の子がそこにいた。

ナオミの胸には、昨年商工会の旅行で買った鎌倉焼きの

陶器のペンダントが谷間で揺れている。シルクの白いワンピース

に良く似合う。

店では一度も着けて出てなかった。私も今日はじめて見た。

大切に思っているナオミの気持ちがうれしかった。

家内には鳩サブレのみやげで、ナオミには鳩サブレの20倍から

高い鎌倉焼きのペンダントを内緒で贈っていた。

「鳩サブレはやはりおいしいね」と言うたびに、

私は「クッククック」と喉に詰まらせていたのを思い出していた。

車から「ナオミ時間だよ」とママの声。

「タオカサン、アリガトウゴザイマシタ。オカアサンゲンキニナッタラ

タオカサンノイルコノマチニ、キットモドリマス」と私に手を差しのべた。

私はナオミの手をしっかり握った。

その手は、職業病に侵された手ではなくなっている。

私にこころを伝える手であたが、もう二度と会うことはないだろう

とのメッセージを送っている手でもあった。

ママに急かされ、車に乗り込んだナオミの眼に光るものがあった。

それがだんだん大きくなり真珠の輝きのような、大粒の涙がいくつも

頬をつたっている。

「タオカサンハ、ステキナヒトデス。オトウサンノヨウデス。

イッショウワスレナイ」

職業病でない手を私は両手で包んだ。

ナオミは、行方不明のお父さんを私に求めていたのだ。

私は、ナオミに夢中になっていた自分を恥じたが、充実した時間

を過ごしたことも紛れもない事実、私にとって胸のときめきは、

生きている喜びであった。

ナオミが私に求めるものと、私がナオミに求めるものは違って

いても、私はナオミと過ごした時間に感謝した。

「元気でな、私もナオミのことは忘れないから」と、父親の

涙声になっていた。

「じゃ、遅れるといけないから」と、ママは車を動かした。

車は静かに私から遠ざかっていく。見えなくなるまで

ふたりは手を振り合った。朝の静けさだけが残った。

虚脱感を感じながら、大きく一息ついて軽トラに乗った。

バックをしようとサイドミラーに眼をやると、白いエスティマが

遠ざかって行くのが映っていた。
                              おわり


私は、この7月で65歳になりました。
老後をどう過ごすかを考えたとき、私はATMな生き方を
しようと思っていました。
ATMは、銀行の自動現金支払機ではないのです。
「明るく、楽しく、前向きに」生きたいものだと考えていました。
「あなたもステキよ」は、わたしの夢。
自由な国と自由が許されない国を対比して、日本のすばらしい
社会の中で、すてきな老後を送りたいと思っていたのですが、
どうも私には夢で終わりそうです。
8月6日入院デス。では、いってまいります。






| あなたもステキよ〔最終章〕 | 12:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
あなたもステキよ〔第八章〕
店の裏にある楽屋のような部屋に案内された。

ドアを開けるとキンキンギラギラの七色の虹のように

色とりどりの夜の衣装が、壁のいたるところに掛っている。

タバコ、酒、化粧のにおいに外国人特有のにおいが鼻を突く。

若い時訪ねたシンガポールの裏通りのにおいを思い出した。

座る場所がないほどに荷物が散乱としているのに

ママは「座って」と言う。

私は女物の下着を、汚いものでもつかむように2,3枚あらけて座った。

「何か飲む」と聞かれたが「いい」と断る。

ママはラークマイルドに火をつけ煙を揺らしながら、

一息ついて話し始めた。

「ナオミは東京に行ったのよ」と言う。

私は練馬ナンバーのベンツに乗っていた黒いサングラスの

男を思い出した。

「ナオミのお兄さんが、暴漢に襲われて大怪我をしたのよ」と言った。

軽トラックでのデートの時の電話がそれだったのかと気づいた。

驚いたり悲しんだり、言葉はわからなかったが顔の表情で、

何か大変なことが起きたのだと私にもわかった電話だった。

「私はくわしいことはわからないが、お兄さんは東京大学で

近代政治学を勉強していて、中国の民主化運動をしとると

ナオミに聞いたことがある」と。

そして、ナオミのお父さんは、北京大学教授でやはり中国共産党の

独裁廃止の民主化運動で、2年前国家政権転覆扇動罪で逮捕され、

その後の消息はわからないらしい。

お母さんは小学校の先生をしていたが、お父さんが逮捕されてから、

身体を壊し今は先生もやめ、病院に入院していると聞いていると、

政治より性事のことにくわしいママがしっかりした言葉で話す。

お父さんが逮捕された時、ナオミは北京大学2年生だったが、

中退して留学しているお兄さんを頼って昨年日本に来た。

しかし、東京にいてはナオミにも危険がおよぶと、

知り合いを通じて伊勢に連れてきたと。

尾行、盗聴、監禁が反体制者には茶万事に起こるので、

東京へ行く途中名古屋で、携帯は解約したようだ。

それで「現在使われていません」のメッセージが繰り返される

意味がわかった。

私の知っている範囲で、社長に話したのですとママは、

喉に詰まったものがとれたようにスッキリした顔になったが、

ナオミはそんな境遇の娘だったのかと私の顔は曇った。

楽屋に長居をしたので、酒に酔った以上にそれも悪酔いした

気分で、隣にナオミのいない三菱ミニキャブでフラフラしながら

家路を急いだ。

家内の顔がだんだん近くなってくる。

「伊勢の会議、こんな夜中までやっているの」と罵声が耳を刺す。




















| あなたもステキよ〔第八章〕 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたもステキよ〔第七章〕
駅で別れてから3日経っても彼女から電話がない。

どうしたんだろうと心配になり私から電話した。

久しぶりに彼女の声が聞けると心臓がドキドキ波打つ。

しかし携帯は、「お掛けになった電話番号は現在使われていません。

お確かめになってお掛け直し下さい。」を繰り返すだけ。

波が押し寄せては引き返すの繰り返しに似ている。

数日後、私は伊勢での会議の帰り店に寄ってみた。

少し時間は早かったが、店はガランとしている。

私が今夜の初めての客なのだろう。女の娘達はうれしそうに

私を迎えた。

いつもの奥の席へ女達はぞろぞろ連れ立って私を案内する。

4人の女達はニコニコして、私の両脇と前に座って、

私を逃がすまいと布陣を引いて来る。

「ビールデスカ」と聞くから、今日は車運転してるから

キリンフリーを頼む。

女達はビールを飲む。

私がキリンフリーを1本飲むと、女達は4本のビールを

開ける。

私が2本飲むと、女達のビールは8本空になる。

早く客が来ればいいが、この調子では何十本空になるか

わからない。とても長居はできない。

「ウタイマスカ」とせがむが、酔ってもいないのに歌えない。

女達は私を今夜のカモにしようと、両脇からビシッと

私に身を擦り付ける。

この女達の手も職業病なのだろう私の太ももをもそもそ動く。

しかし私を興奮させる彼女の手ではない。

「ゲンキナイデスネ」と言うから

「バカヤロ、お前らが触るから立つものも立たんのじゃ」

と、怒鳴ってやろうと思ったが、イライラが見透かされると思い

グッと堪えた。

彼女は店にはいなかった。

いったい何処へいったのだろうか。

電話もない。携帯の番号も変えている。

なにが起きたというのだ。

ベンツの黒いサングラスの男といるのだろうか。

不安は増々募る。

トイレに立って財布を覗いた。

ここにも不安があった。

今夜はヤバイ、早く帰らないと軍資金が底を付く。

4人の女にまとわり付かれ、帰ろうと歩き始めた時、

豊満な肉体を揺らしてママの出勤である。

「社長もう帰るの」と砲丸玉の肉体を私にぶつける。

私の体が後ろへ吹っ飛んだ。

今夜はどうしても帰らなければと意志を徹すと、

「社長、ナオミのことで少しお話が」と先ほどとは

違う深刻な顔色を私に見せた。













| あなたもステキよ〔第七章〕 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたもステキよ〔第六章〕
携帯の画面を見た彼女は、「ウェイ」と耳にあてる。

津軽海峡のメロデーが途中で切れる。

同じ国の人からの電話だろう、言葉が機関銃のように

続く。何を言っているのか皆目わからない。

しかし、彼女は目を丸くして驚いたり、

眉間に手を当てて悲しみの表情をしたり、

唇をかみしめ怒りを表したりと、いつもの笑顔の

かわいい顔がない。

雰囲気でいい話ではないことが解る。

電話は長く続き、私が口を挟む間がない。

何が起こったのだろうかと思いながら、

私は黙って運転を続けた。

いつの間にかハブのように大きかった私のもっこりは、

メメスのように小さくなって、パンパンに張っていたズボンは、

幾重にも皺ができ、窪みになってしまっている。

「エキニイッテクダサイ」と彼女は携帯を切るなり言った。

「どうかしたのか」と聞いても悲しい顔をして首をふるだけ。

近くの駅に着くと「デンワスルカラ」と、少し明るく振舞った彼女は、

私の左ほっぺに「チュ」とキスをして、急いで軽トラのドアを開けた。

二度手を振って構内に美しい肢体は消えた。

私は、ルームミラーを下げて左のほほを見た。

口紅のあとがルームミラーに「あなたもステキよ」と

言ってくるように映っている。

私はそっとほほに手をあてた。

彼女がまだここに居るように感じる。

ひとりになった私は、彼女の表情や行動から

悪い予感を覚えずにはいられなかった。

燃えるほど暑かった車内は、陽も落ち

ガランとして空しく、寒ささえ感じる。

私は、気持ちを紛らわせるため

CBCラジオのボリュウムをあげた。

「さよならあなた、私は帰ります

風の音が胸をゆする

泣けとばかりに

ああ、津軽海峡冬景色」が流れてくる。














| あなたもステキよ〔第六章〕 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたもステキよ〔第五章〕
ズボンのファスナーが1cm開いた。

私は、うしろへおしりを1cm引いた。

1cm開いたから1cmうしろに下がったわけではない。

軽トラックの座席は狭く、それ以上下がれないから

目いっぱい下がったのがちょうど1cm位しかなかったからだ。

モッコリしてきているから、ファスナーもスムーズには下りない。

「クチデシテアゲル」からと、紅い唇があんこうのように動く。

彼女の目はうっとりと艶めかしい。

いくら顔が小さいといえ、軽トラではハンドルの下に

頭が入るわけがない。

ましてや168cmの長身では狭い室内、中国雑技団でないかぎり

アクロバットの体型はとれない。

しかし、彼女は本気のようだ。

その体型を執ろうと動き始めた。

私は白内障で、両サイドはまったく見えず視界は狭い。

気持ちのいいことをして、目の前が卵の白身のように曇ったら

運転はできない。

「事故でも起こしたら」が、頭をよぎる。

衝突でもして局部を噛み切られたら、阿部定どころではない。

阿部定は石田吉蔵を殺してから陰茎を切ったが、

私は死ぬ前に噛み切られるわけだから、事件価値は

阿部定事件より高い。

そうなるとスクープは、伊勢新聞だろうか、中日新聞だろうか、

まさかニューヨークタイムズはこないだろう。

田舎のカカー達は、私のスケベを時代を超えて語り継ぐことだろう。

天にも昇る快楽が私を包もうとする。

この快楽であまたの男女が、どれほど身を滅ぼしたことか。

私もあまたの男女と同じように快楽に溺れやすい人間である。

40代の私なら、このまま突き進んでいただろう。

いや、今でも進みたい気持ちは十二分にある。

春のような日差しが車内をさらに暑くする。

車内は私の息づかいで曇り始めた。

「ここではいかん、いい所へ行こう」と私は、

彼女の手を押さえた。

その時、彼女の携帯が石川さゆりの「津軽海峡冬景色」の

着メロを唄った。










| あなたもステキよ〔第五章〕 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたもステキよ〔第四章〕
交差点に練馬ナンバーのベンツが止まった。

型は少し古いが田舎ではそんなにお目にかかる車ではない。

磨かれたボンネットに信号機の赤い光が、カラーコピーのように鮮やかだ。

黒いSクラスは、車の王者の風格がある。

乗っているのは男女が二人。

二人とも黒いサングラスをかけていた。

助手席の女の髪型には見覚えがある。

白内障の目では歩道を挟んだ距離からは、はっきりとは見えないが輪郭が似ている。

もしかと思うが、朝の10時前ならまだ寝ている時間ではないだろうか。

それも男と乗っている。

話では店は朝4時クローズで、寝るのは6時だと聞いていた。

今頃が一番深い眠りについている時間なのに、今配達に行く私の三菱ミニキャブと向かい合っている。

彼女の左手も右手だけでなく職業病に罹っているのだろうか。

罹っていたら男の太ももに置かれているはずだ。

そんなことを考えていると、信号が変わった。

ベンツの出足は速い。

私の10年目の愛車の横を疾風のごとく走り去った。

私は右に目をやった。

黒いサングラスで目の動きは分からなかったが、横顔は「あなたもステキよ」の彼女だった。

「どこに行ってたのだろうか」 この疑問が頭を過ぎる。

スーパーの開いてる時間ではないから買い物ではない。

病院に行ってたとしてもこんなに早く帰れるはずがない。

救急だったとしたら、あんなに凛とした顔はしてないだろうし、店の子が誰か付いてるだろう。

買い物でもなければ病院でもない。

「どこ」は一ヶ所だけになってしまった。

若い男と夕べはホテルだったのだ。

ホテルからの帰りだったのか。

そう思い込むと他の考えが思い浮かばず、確信へとシフトしていく自分の嫉妬心に驚く。

年を経ると嫉妬深くなるってほんとうなんだと、これまた確信する。

その彼女が、今私とドライブしている。

そして右手だけでなく職業病に侵された左手が動いた。

ズボンのファスナーが1cmほど開いた。













| あなたもステキよ〔第四章〕 | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたもステキよ〔第三章〕
とうとう「あなたもステキよ」の彼女とドライブしてしまった。

私は24時間365日仕事漬けだから、特別にドライブの日を決めて出かけるわけにはいかない。

だから配達をしながらのドライブだと言ったら、彼女はそれでもいいと言う。

そう言えば家内との初めてのドライブも配達しながらだった。

あの時はドシャブリのひどい天気だったが、家内は勤めていたからその日しか時間が取れな

かった。

ワイパーは音をたてて水をはじき返すが、雨は激しくフロントガラスを叩きラジオの音楽さえ

聞こえない。

しとやかに話す家内の声は聞き取れない。

今思うと猫をかぶっていたような変わり様である。

激しくフロントガラスを叩いた雨は、今の家内そのものである。

それに比べ彼女とのドライブは、なんと天気のいいことか。

春を想わせるおだやかであたたかい。

CBCラジオから流れる永六輔の訳の分からない話でも気分は最高。

軽トラで悪いねと言うと「タオカサントイルカラステキヨ」と職業病の手を私の太ももに置く。

夜だけだと思ったら昼間でも手は職業病にかかっているようだ。

かなり重症なんだろう。

今日は夢の島への配達である。

対岸の桟橋から荷物を船に載せかえて運ぶ手間のかかる作業をする。

船は心地よい風も運んでいく。潮のにおいも私は好きだ。

数分の船旅だがこの時がホッと一息つける空間である。

私のとなりに座っている彼女の目は、遠くの海を見ていた。

哀愁をおびた瞳をみていると、夜だったら抱きしめただろう思う。

彼女は私に言う

「コノウミハワタシノクニニツナガッテイル、タオカサンハワタシノココロトツナガッテイナイ」

こんなに近くにいるのに自分の気持ちが分からないと、真昼から私を誘惑しようとする。

歯は入れ歯だし、髪は薄いし、下半身に元気のない60の爺のどこがいいと言うのだ。

私達は配達を終えて本土に戻った。

10年目の三菱ミニキャブは元気に走る。

暖かい日差しが窓から入ってくる。

車内はクーラーを入れたいほど暑い。

往きと同じように職業病の手が太ももの上にある。

乗り心地の悪い軽トラは、震動も激しい。ガタガタするたびにすらりと長い指が、

ピアノの鍵盤をたたくように移動しはじめた。

伊勢ジャスで700円で買った紺色のズボンのファスナーに指がかかった。





















| あなたもステキよ〔第三章〕 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたもステキよ〔第二章〕
「あなたもステキよ」の声が聞きたくて、今夜も来てしまった。

ドアを開けると彼女がいつもの笑顔で迎える。

1m65はあるだろうかスレンダーだが肉感的な体だ。

二十歳のピチピチした歩き方でいつものように一番奥のワルイことのしやすい席へ案内する。

私はこの席がお気に入りでここに腰を沈めると落ち着く。

私が座るといつの間にか彼女の小さな手が私の太ももにある。

職業病だろうか、いつもそうだ。

まだ二十歳だというのにこの病気は早く身に付くのだろうか。

身の上話を聞いたがこの仕事はまだ日が浅いと言う。

職業病以外の理由があるのだろうか。

今夜は一人で裕次郎を唄った。

拍手は彼女だけ、他のお客はホステスと話しに夢中で私の歌など誰一人聴いていない。

義理で叩いた彼女の拍手も、私の歌を褒めたのではない。

これも職業病のひとつなのだろう。

「踊ろう」と夜の銀狐を踊る。

ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェくちびるむなしい、私達は身体を密着させた。

狭いフロアでは動けないから動くのは腰だけ。

彼女の小さな手が私の股間に触れる。

「カタイ、オオキイ」「テデシテアゲヨウカ」

手ではダメとくちびるを寄せると、口と鼻をすばやくそむける。

いやな入れ歯のニオイでもするのだろうか。

今度来るときには、酵素入りポリデントを5錠入れて、金具が溶けるほどに

強力洗浄してこようと思った。

午前1時、シンデレオが帰る時間がやってきた。

今夜も後顧の憂いを残して帰らなければならない。

ドアを閉めて、彼女は私の耳もとでささやいた。

身体にビビッと電流が走る。

「ドコカヘイコウ」その気になる。

しかし私は夏の忙しさでマカを買うのをすっかり忘れていた。

マカがないと「あなたもステキよ」がダメになる。

帰ったら今度こそネットで注文しようと誓って帰ったが、玄関が開かない。




















| あなたもステキよ〔第二章〕 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたもステキよ〔第一章〕

今月は三回も飲みに行った。

それは「あなたもステキよ」のひと言だった。

若い時は一週間に10日も行っていたが、近年は年に10回も飲みに行くことはない。

しかし、飲み方は若い時と同じで一晩に4,5軒はハシゴするのはこの歳になっても変わらない。

まずホテルの居酒屋で、ギンギンに冷えた生ビールを飲みながら、女将と他愛のないうわさ話を

して胃腸の準備をする。

それから別のホテルのバーへ入って、馴染みのママの出す匂いのきついカマンベールをつまみに

「この空この海このあおさ」のロックを飲む。

ここでも他愛の無い最近の出来事を話し11時半頃街のスナックへ席を移す。

薄暗い室内にボックス席が3つほどある小さなスナックである。

一番奥が空いていたのでそこへ陣取る。

ビールを持ってきたホステスは若い。

私の横に座り化粧の映える笑顔でグラスにビールを注ぐ。

いい娘だと胸が躍る。

「きれいやな」と声を掛けると「あなたもステキよ」と満面の笑顔が還ってきた。

「60のじいさんにうれしいこと言うな」と私は喜ぶ。

「ワタシトシカンケイナイ」と身体を寄せてくる。

暗い室内に目も慣れてきて、まわりを見渡すと私と同じくらいの60代70台の人が大半である。

「あなたもステキよ」の言葉で来ている人達だろうか。

いい時代だ。

いい年代の者を二十歳の娘が遊んでくれる。

身体をピッタリ寄せて肩に手を回し彼女のエキスを吸っていると歳を忘れてしまう。

腰に手を当て歌は裕次郎をジュエットで唄う。

これだけはレトロ。新しい歌はまったく知らない。

夜中の1時をまわると私は帰るが、飲み仲間は、それから朝の4時までウーロン茶を飲み続ける。

この若さにはさすが私もついていけない。

帰り際「ドコカニツレテイッテ」と若い娘がきた。

「あなたもステキ」を失望させてはいけないので、「今日はダメ」と帰る。

マカでも飲んで鍛え直して、秋になったらどこか連れて行ってやろうかと決意するが、

酔いが醒めると浦島太郎になっている。

 
















 

 

 

 

 

| あなたもステキよ〔第一章〕 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

Administrator by えぶりしんぐ